扇風機の異音

扇風機が小さな異音を出す様になった。 異音はモーターから発している様なのでカバーを外してみた。 かなりの綿埃が付いていたので清掃し、気になっていたコンデンサーを調べた。 コンデンサーは異音の原因では無いが、絶縁不良で焼損事故になる事があるので、 絶縁と容量を確認したが問題なかった。 垂れていた油を拭いたが油切れと言う感じでは無かったので組み立てて様子を見た。 中速…

続きを読む

腕時計の電池交換

連れ合いの腕時計が電池切れの様なので、 調べたら、電圧 1.55V の所 0.8V 程しかなかった。 そこで、コスパの良かった muRata 製 SR216SW 5個(送料共600円)を購入した。 新しい電池を入れて動く事を確認し、 蓋を閉めた。 もう何回も電池交換しているので蓋を開ける所は傷だらけだ。 今回はドライバーの先を薄く尖らして刺すようにして開けたので傷は浅…

続きを読む

テスター用バッテリーの充電

テスターの電源切り忘れでリチウムイオン充電池2個が放電してしまった。 バッテリーは2年前再利用のリチウムイオン充電池で充電をあまり考慮していなかった。 そこで、充電し易い様にコネクターを付けた。 この様に2本パラにして充電する。 テスターは元々9V仕様なので2本シリーズ(8V前後)で使用する。 これで、切り忘れが無ければあと数年は持つ。 リチウムイオン充電池にして…

続きを読む

HDMI分配器の購入

先日購入したHDMI切替器の接触不良はその後発生していない。 しかし、格安のHDMI分配器(送料共899円)が有る事を知り購入した。 最初からこの分配器であれば切替え操作の必要も無くベストな選択だったのに残念。 とりあえず、HDMI分配器を評価する事にした。 (1)HDMI直接とPC(キャプチャー)の入力切替不要となった。 (2)HDMI切替器で起きた数秒の遅れはなくなった。 …

続きを読む

HDMI切替器の購入

先日購入したHDMIキャプチャーで「パソコンでテレビ」として使っている。 しかし、ちゃんと見る時はHDMIケーブルを差し換えていた。 そこで、ケーブルを差し換えず選択できるHDMI切替器(送料共998円)を購入した。 ついでにHDMIコネクタプラグ 5個入り(送料共527円)を購入し、 短い接続ケーブル2本を自作した。 こんな感じでHDMI切替器とキャプチャーは短いケーブル…

続きを読む

格安HDMIキャプチャーその2

先日購入したHDMIキャプチャーを「パソコンでテレビ」として使う事にした。 説明書で紹介されていたフリーのOBSなるソフトをダウンロードした。 通常の画面ではこんな感じで表示される。 表示ドックのチェックを外すと任意の大きさに変えられた。 F11キーを押すと全画面になる。 CPU使用率は11~15%、GPUは15~20%で負荷は軽い。 画像の違いはこんな感じで、キャプ…

続きを読む

格安HDMIキャプチャー

HDMIキャプチャーでビデオカメラををUSBカメラとして使用する記事を見た。 そこで、試しに格安HDMIキャプチャー(送料共1,280円)を購入した。 配達予定日が1カ月以上先だったが10日程で届いた。 接続ケーブルは再利用のプラグで自作し、事前にテレビで接続確認をした。 ビデオカメラはこんな感じで設置した。 三脚は先日購入した「自撮り棒 ミニ三脚」が役立った。 近め…

続きを読む

ドローンにドラレコ搭載その2

録画用のバッテリーは定格240mAだが3年経っているので実力を測定した。 録画時間とバッテリー電圧を記録し残容量を確認したら200mAh程あり一安心。 録画は期待以上の25分で残容量も十分あるので内臓時計は充電せずに1年は持つだろう。 次にバッテリ低下による録画停止後からの充電時間は約30分でほぼ想定内。 基板とカメラの距離が長く角度を90度ひねるため引っ張られて位置がずれて…

続きを読む

ドローンにドラレコ搭載

昨年購入したドローン(HS160)はその後ほとんど飛ばしていない。 問題はWi-Fiカメラの操作性の悪さと写りの悪さであった。 そこで、もう使われなくなったドライブレコーダーを乗せられるかWi-Fiカメラ部分を外して、 ドライブレコーダーの液晶表示を取れば空きスペースに何とか入れられる事がわかった。 重量は差し引き10g増加だが問題なく飛ばせるだろう。 仮配線で試した所、ドロー…

続きを読む

グリーンスクリーンやっと届いた

先月発注したグリーンスクリーン(送料共721円)が25日かかって台湾から届いた。 スクリーン両端に紐を取付ける布を縫込んで、 一方はドア側に引っ掛けて、 もう一方は棚に引っ掛けるが、強く引いた場合は切れずに外れる様にした。 スクリーンのサイズは縦100cm横160cm、カメラとの距離は130cmなので圧迫感は無い。 こんな感じで縦横共余裕がある、折り目が残っているが…

続きを読む

真空管の通電

50年前の真空管を前回(12/10/28)に続き、今回は3本全て並べて通電する事にした。 まず、段ボール紙で台を作り、 左から水平偏向出力管(12B-B14)とダンパー管(12G-K17)2本を差し込む。 ヒーター線を接続し、 通電するとこんな感じ、 真っ暗の中ではこんな感じ。 これらの真空管の思い出は、 高校生時代タダ同然で入手できたテレビのジャンクでアマ…

続きを読む

コンボジャックのZoom対応

Zoomミーティング対応のためにコンボジャックは音声出力のみにし、 内臓マイクを有効にしていたが、プラグがSDカードの抜き差しの邪魔になっている。 そこで、コンボジャックのライン入力化の改良版をさらに改造する事にした。(赤部分) 完成したケーブルがこれで、内臓マイクかライン入力を切替える事が可能となった。 SDカードの抜き差しはこんな感じで楽になった。 緊急事態宣言が継…

続きを読む

グリーンスクリーンの最小化

Zoomミーティングを初めてから3週間、午前と午後各1時間以上やっている。 バーチャル背景用グリーンスクリーンの設置と撤去も面倒になってきた。 結論から言うとカメラの前に、この様なフィルターを付けてスクリーンの幅を半分にした。 フィルターは透明のプラスチック板を丸めてグリーンのプラスチック片を差し込んでいる。 フィルターを通しての映像はこんな感じで、黒い部分のみ映る。 こん…

続きを読む

グリーンスクリーン用スタンド

Zoomミーティング用グリーンスクリーンのスタンドをカメラの三脚から釣り竿に替えた。 スクリーンの重さは500gなのでフックはこれで充分。 ステーは籠の重量を利用して固定する。 以前は三脚の足と椅子が干渉していたが足元はこんな感じでスッキリした。 前後左右調整はディスプレイをずらし、傾きと上下はカメラの向きを調整する。 これでZoomミーティング準備完了。 ス…

続きを読む

グリーンスクリーンの自作

Zoomのバーチャル背景で使うグリーンスクリーンを自作する事にした。 画角は70度まで調整できるアクションカメラ(APEMAN A80)を使う事にし、 カメラとの距離が1mとした場合の壁紙のサイズは幅1m縦50cmあれば良い事が判った。 緑色を全面に印刷したA4用紙8枚をダンボール紙に張り付けた。 それを三脚にぶら下げて使う。 スクリーンは二つ折りにして収納しやすくした。 …

続きを読む

クッションフロアーの張替え

先日、台所のリホームをしたが、床(2.3mx2.8m)は自前でやる事にした。 20年以上経ったクッションフロアーは継ぎ目がボロボロになっていた。 下地のパンチカーペットを掃除したがかなり疲れた。 リホーム後にできたコンクリートむき出し部分はベニヤ板で段差を無くした。 ベニヤ版がガタつかない様に分割したので、ズレない様に養生テープで固定した。 パンチカーペットの上にクッシ…

続きを読む

モバイルバッテリーの電池交換

先日ヘッドライトの持ちを2倍にするのに用いた電池はこのモバイルバッテリーから取り出した。 ここに、この電池(11mmx36mmx53mm 2200mAh)が入らないか? 被覆をはがすと 5mmx33mmx48mm が2個ありケースに収まる事を確認した。 2個をテープで固定して、両面接着テープでケースに張り付けて配線した。 充電特性では推定充電容量 2200mAh になった…

続きを読む

ヘッドライトの持ちを2倍にする

ヘッドライトの持ちを良くする為リチウムイオン電池に替える事にした。 今まで単3エネループ3本を使用していたが、 電池ホルダーを取ってリチウムイオン電池を入れるには、、、少し窮屈なので、 ケースの角を削ったら、 再利用のリチウムイオン電池(33mm、47mm角)が入った。 リチウムイオン電池を基板に張り付け、充電用ケーブルを取り付けて、 充電はモバイルバッテリー…

続きを読む

ドラレコのバッテリー交換

先日、ドライブレコーダー(YI Dash Camera)のバッテリー劣化に気付いた。 バッテリーが極端に劣化すると時計が狂ったり以下のような問題が発生する。 (1)エンジン停止時に最大3分の録画に失敗する恐れがある。 (2)セルモーター起動時の電圧低下でドライブレコーダーの動作が不安定になる。 (3)ドライブレコーダー単独(外部電源なし)での録画確認ができない。 (4)バッテリーの焼損…

続きを読む

椅子の修理

愛用の椅子のクッションが破れブラスチック板むき出しになってから約10年。 夏は段ボール紙、冬は座布団を敷いていたが、夏冬兼用にバスタイルで覆う事にした。 余分な部分をカットして、 銅線ですそを絞り、さらに余分な部分をカットして、 この様に取り付けて完成。 貧乏くさい感じなので、次はそれなりの布で背もたれも一緒に覆う事にしよう。

続きを読む

浴槽の水漏れと修理

最近、浴槽の湯が時間がたつと減っている事に気づいた。 前から浴槽に亀裂があるのは知っていたが水面より上なので気にしていなかった。 しかし、よく見ると目立たないが水面下にも亀裂が入っていた。 裏をアクションカメラで撮影すると確かに水漏れの跡が、 幅広の丈夫なテープを張り付けて修理完了。 念のため水面に変化があれば判るようにして、 3時間後に水面が 20mm ほど下が…

続きを読む

Nexus7(2012)用ケースの自作

Nexus7(2012)をダウングレードした事により快適な使い心地に満足しているが、 ケースがボロボロなったので買い換える事にした。 Fire7用に購入したケースが使い易いので、同じタイプを探したが合うのは無かった。 そこで、Fire7用を参考にNexus7(2012)用ケーススタンドを試作した。 しばらくスタンドとして使った後、改良して完成版とした。 改良点は、 (…

続きを読む

カナル型イヤホンの修理

カナル型イヤホンが断線した。 カナル型イヤホンを修理するには外装を半壊する事になるが、何とか修復可能な状態で済んだ。 断線部分を付け直し、ホットボンドで外装を接着する。 ドライヤーで温めてピッタリ収まり余分なボンドを除去し修理完了。 カナル型に比べてインナー型は弾性のある枠部分を外すと分解できるので修理し易かった。 しかし、最近はカナル型が主流になり修理が面倒である。

続きを読む

300均USB扇風機の改造

先日の車中泊でUSB扇風機を夜に使用した所、青色LEDが明るすぎる事が判った。 真っ暗な所で使うとこんな感じで幽霊が出そうな感じ。 そこで、LEDにスモークシートを張り付けた。 (怪しげな配線は18/06/09の記事で改造した部分) まだ目視では充分認識できる明るさだ。 LEDの光がケース内に漏れているので、この様にパイプで光漏れを防いだ。 光漏れは無くなり、期待…

続きを読む

Regoss (レジス) 懐中電灯の改造

以前、車中泊用に購入した懐中電灯はごっつ過ぎるので小さ目の懐中電灯を購入した。 上が以前購入した物(173g)で、下が今回購入した物(97g)で一回り小さい。 しかし、照射範囲が面積にして1/4程度と狭い。 そこで、レンズを外して見ると以前購入した物とほぼ同じになった。 以前購入した物はこんな感じで扱い易かった。 LED保護の為、レンズの代わりにプラスチック板を丸く切っ…

続きを読む

Fire7 (Newモデル)のその後

Fire7の自作スタンドにオートスリープ機能の追加を検討した。 磁石(直径10mm、厚さ1mm)が有ったので仮付けして感度の良い場所を探し、 カバーの中に埋め込み完成。 QRコードを読むためカメラ用の穴を開けた。 しかし、10㎜角のQRコードはピントが合わず読み取れない。 ピントを合わす為に凸レンズを噛ますと読めた。 自作スタンドはダサいので、既製品(1,08…

続きを読む

蛍光灯式ステンドグラスのLED化

ステンドグラス(直径40cm)の蛍光灯がチラつき出し、調べると蛍光管の寿命と判った。 今回は蛍光管を替えずにペンダントライト(LED電球付:2,790円)を購入した。 LED(27W)の電気代は蛍光灯(66W)の半分なので年間3千円は浮く勘定になる。 さらに、LED電球がダメになっても電球のみ交換すれば良いので経済的だ。 このペンダントライトは天井直付け方式なので延長ケーブルを作…

続きを読む

テレビの買換え(その後)

先週テレビを買換えて各種設定と使い勝手も把握した。 1週間無料の有料番組を録画したく、外付けHDDを取り付ける事にした。 しかし、USBケーブル(右上)が短かったので長いケーブル(右下)を自作した。 ケーブル類をスッキリしたく、アイスキャンデーの棒でこの様なリール作成し、 電源ケーブル(テレビ、DVDレコーダー)をこの様に丸めた。 電源ケーブルを丸めるのは良くないとされ…

続きを読む

Fire7 用スタンドの自作

先日購入したFire7 (Newモデル)用のスタンドを試作した。 構造はNexus7用の既製のスタンドを参考にした。 試作の出来が良かったので、包装紙を貼って完成版とした。 見易い位置を確認して、すべり止めを張り付けた。 左が参考にしたNexus7用のスタンド。 この様に閉じるとケースとしても使える。 正確には「ケースであって、スタンド機能付き」が正しい様だ。…

続きを読む

グラフィック有機ELモジュールの修理

先日、有機ELモジュールの表示問題を対策したが、色むらが気になり調査した。 中央の8の文字に色むらがある。 オール1パターンを表示すると、ドット落ちのカラムが他よりも明るい。 オール0パターンを表示すると、ドット落ちのカラムが僅かだが発色する。 表示部の接触不良(導電ゴム)でないかガラスをしごいてみたが変化なし。 そこで、制御部が故障した有機ELモジュールの表示部分…

続きを読む