テスター用バッテリーの充電

テスターの電源切り忘れでリチウムイオン充電池2個が放電してしまった。 バッテリーは2年前再利用のリチウムイオン充電池で充電をあまり考慮していなかった。 そこで、充電し易い様にコネクターを付けた。 この様に2本パラにして充電する。 テスターは元々9V仕様なので2本シリーズ(8V前後)で使用する。 これで、切り忘れが無ければあと数年は持つ。 リチウムイオン充電池にして…

続きを読む

NB-1Lバッテリー交換

自作マイコン機器に使用しているバッテリーが劣化してきた。 定格680mAhのところ実力は300mAhに半減している。 中のバッテリーをもっと容量のある物に交換できるか分解してみた。 どうやら再利用のリチウムイオン充電池(550mAh)が使えそうだ。 外枠のバリを取ってバッテリー交換したら厚みが薄くなり接触不良が発生した。 そこで、ホットボンドを中に充填しドライヤーで…

続きを読む

モバイルバッテリーの電池交換

先日ヘッドライトの持ちを2倍にするのに用いた電池はこのモバイルバッテリーから取り出した。 ここに、この電池(11mmx36mmx53mm 2200mAh)が入らないか? 被覆をはがすと 5mmx33mmx48mm が2個ありケースに収まる事を確認した。 2個をテープで固定して、両面接着テープでケースに張り付けて配線した。 充電特性では推定充電容量 2200mAh になった…

続きを読む

ヘッドライトの持ちを2倍にする

ヘッドライトの持ちを良くする為リチウムイオン電池に替える事にした。 今まで単3エネループ3本を使用していたが、 電池ホルダーを取ってリチウムイオン電池を入れるには、、、少し窮屈なので、 ケースの角を削ったら、 再利用のリチウムイオン電池(33mm、47mm角)が入った。 リチウムイオン電池を基板に張り付け、充電用ケーブルを取り付けて、 充電はモバイルバッテリー…

続きを読む

リチウムイオン充電池の再利用

ジャンクのリチウムイオン充電池を購入した。 ThinkPad用のバッテリーパックで、容量は10.8V 3.6Aとなっている。 裏面はこんな感じで、相当古いが108円だったので購入した。 調べると、2003年発売のThinkPad X31用の拡張バッテリーで14年も前の物の様だ。、 ばらして電圧を測ると2.2V程残っており良い感じ、定格は3.6V、1800mAh。 サイズは、…

続きを読む

モバイルバッテリーキットの改造

リチウムイオン電池の充電器は当初カメラの充電器を利用していた。 その後、モバイルバッテリーキットの充電機能を利用して充電時間が3割ほど改善された。 このモバイルバッテリーキット、元は電池フォルダー式だった事に気付いた。 フォルダー式に戻し、電池を挿抜しやすくプラス極を薄くし、カバーに窓を開けて完成。 スペーサーを用意して今まで通り短い電池も充電可能にした。 これで、…

続きを読む

iBester懐中電灯の評価

先日、Wsiiroon懐中電灯(¥1,100)を評価し気に入ったので、 防災用として、類似品のiBester懐中電灯(2本で1,299円)を追加購入した。 バッテリーは沢山ある再利用のリチウムイオ電池(実力:1800mAh)を使う。 点灯モードはWsiiroon製と同じく5つある。(HIGH、MID、LOW、点滅、SOSパターン点滅) まず、モードHIGHでの時間と照度をWsii…

続きを読む

Wsiiroon懐中電灯の評価

先日、車の中での物探しに苦労し、車用にと懐中電灯をさがしていたら、 リチウムイオン電池も使える Wsiiroon LED 懐中電灯(\1,100)があり購入した。 そして、付属の単4電池(上)は使わず、再利用のリチウムイオン電池(下)を使用する。 汚れている、ガタついている等の評価があったが、本品も、その様な状態だった。 掃除をして、緩んでいたLEDのプレートを締め直し、接点復活…

続きを読む

リチウムイオン電池2点

リチウムイオン電池が内蔵されているジャンク物を2点購入した。 これは多摩電子工業のモバイルバッテリの様だが詳細は判らず。 ばらして電池を取り出したが使えなかった。 充電機能を確認した所、使える事が判ったが現用の充電器より優れている所は無かった。 これはキャノンのビデオカメラ用互換バッテリーで890mAhの物を2個使用の様だ。 ばらして充放電したら右は充電で熱くなり使えな…

続きを読む

互換バッテリーの自作(その2)

先週自作したNB-13L互換バッテリーの材料が余っているのでもう一つ作る事にした。 まず接点用金属板を取り出して、 クランプを利用して金属板を平らにして、 金属板を切断して3個の接点を作る。 接点にリード線を半田付けして、 丈夫な紙に木工用ボンドで張り付ける。 それを適当な厚さの木片に張り付けて、 リチウムイオン電池に接点とサーミスタを取り付ける。 …

続きを読む

互換バッテリー(NB-13L)の自作

再利用のリチウムイオン電池(右)で、先日購入したカメラの互換バッテリを作れないか検討した。 まず、バッテリーの接点を調べて4接点の内3接点を用意すれば使用できることを確認した。 接点部分の図面を起こして丈夫な紙に印刷し、接点部分の工作は金メッキの薄い板をカットして、 この様に貼り合わして接点部分が完成した。 後は純正バッテリーのサイズに合わした被覆に接点部分とサーミスタを付け…

続きを読む

カーラジオのバッテリーバックアップ

家庭内で使用しているカーラジオの電源を落とすと時計と選局がリセットされる。 最近、電源供給関連の調査で電源を落とす度に時計と選局をセットするのが面倒だった。 そこで、バッテリーバックアップ出来ないか調査した。 カーラジオ(RN-9436G)内のチップのデーターシートを見るとバックアップ可能の様だ。 ダイオードを入れてバッテリー用のリード線を付けて、 電圧 3V 電流 0…

続きを読む

USB電流電圧テスター

USB電源での充電状況が把握できる「USB電流電圧テスター」を購入(500円)した。 電流、電圧表示がどの程度誤差があるか調べるためのケーブルを用意した。 電圧を変化させた時の電流電圧表示の誤差は以下の通り。 電圧が低いと表示は暗くなる。5V付近の誤差は僅かで良好。 電圧は5V付近で電流を変化させた時の誤差は以下の通り。 2Aから下がるに従い誤差が多くなる傾向がある…

続きを読む

シェーバーの電池交換

3年前購入のシェーバーは刃がダメになる前にバッテリーが持たなくなった。 充放電でバッテリーの容量を測ると定格600mAhの所300mAhと半減していた。 端子の形状は異なるが同じサイズのバッテリー(再利用品)と交換できないか検討した。 この様に電池ホルダーを曲げると接触具合が良い感じになった。 この再利用品の実力は800mAhなので今迄の倍以上(2週間)は持つ様だ。 …

続きを読む

携帯のバッテリー交換(その2)

先日、携帯用の互換バッテリーを購入したが性能が思わしくなかった。 その後、ヤフオクで中古品(2個で送料込560円)を購入した。 バッテリーの実力を評価するため、ワンセグTVを受信して時間と残量を調査した。 今回購入した純2は互換並みだが純3は元有った物と同等だった。 さらに、自作放電器にてバッテリーの放電特性を採って見た。 旅行に出掛ける時は小型のモバイルバッテリーと充電ケ…

続きを読む

携帯のバッテリー交換

購入してから7年経過した携帯(ガラケー)のバッテリーが弱ってきた。 そこで、ロワジャパンの互換バッテリーを購入した。 バッテリーの実力を評価するため、ワンセグTVを受信して時間と残量を調査した。 なんと、新品の互換バッテリーより7年物の方が長く受信できた。 純正バッテリーは2千円以上するのに対し互換物は880円なので価格相当の実力と言う事だった。 さらに、自作放電器にて…

続きを読む

300均USB扇風機のコードレス化

ダイソーの300均USB扇風機(324円)に隠れた機能が有る事をYoutubeで知った。 サイズは、幅105mm、高さ140mm、厚さ40mm、ファンの直径は90mm。 風量調節は3段階あり1が380mA、2が820mA、3が1020mA流れた。 風量は思ったより強く風量1で充分の様である。 ねじ止め4個を外すと、しっかりした電子基板が付いている。 そして、コード収納ボ…

続きを読む

リチウムイオン充電池の再利用

サイズの異なるリチウムイオン充電池(ジャンク)を2個購入した。 まず、サイズが単3に近く2本並列での定格が3.7V,1520mAhを評価してみる。 バラして満充電にしてから放電した結果2本ともほぼ定格容量あった。 その後の充電特性も良好だ。 充分使えそうなのでテスターの電源に利用した。(以前は380mAhの物を2個使用) 次に2個直列で定格が7.2V,1260mAhの物…

続きを読む

リチウムイオン充電池の再利用

サイズの短いリチウムイオン充電池(ジャンク、108円)が有ったので購入した。 バラしてみるとソニーのUS18500V(直径18mm、長さ50mm)が6本入っていた。 (手前はソニーのUS18650GR(直径18mm、長さ65mm)) 電圧をチェックすると全て1.5V~1.6Vで使える感じ。 (0Vの場合はダメな場合が多い) まず、モバイルバッテリーを改造した物で充電し、 …

続きを読む

ドローン用バッテリーの活用

昨年機体を紛失して利用目的の無くなった3個のバッテリーの活用方法を考えた。 テスター用電源にリチウムポリマー充電池を利用していたが内部に入らずこの様に貼り付けていた。 そこで、サイズの小さいドローン用バッテリーに交換する事にした。 2個のバッテリーは元のバッテリーボックスに収まり、この様に直列に接続して完成。 貼り付けていたバッテリーの所のゴムの滑り止めが欠損していたので修理…

続きを読む

ポータブルナビのバッテリー交換

昨年購入したポータブルナビ(YPL521)のバッテリーを大容量の物に交換できないか検討した。 分解方法を検索すると、「モールを剥がして3つのネジを外してから裏蓋を外す」との記事が有った。 多少コツは要るが難なくバッテリーを外せた。定格は3.7V 920mAhとの表示。 連続動作試験では1時間4分と散歩で持ち歩くには持ちが悪い。(実力は800mAh位だった) 交換予定のバッテリーは…

続きを読む

カメラ用バッテリーの実容量調査

先日、バッテリー残2から撮影枚数50枚位でアラーム(残1がチカチカ)となった。 アラームとなったバッテリーはLP-E6互換で寒さに弱いのは知っていたが、心配になった。 3個のバッテリー(LP-E6互換とLP-E6は5年経過し、LP-E6Nは1年経過)を2台のカメラで使用している。 そこで、互換を含めて3個のバッテリーの実容量を測定する事にした。 自作の放電器では時間が掛かるので、今回…

続きを読む

車中泊用モバイルバッテリーの再評価

4年前に購入したモバイルバッテリーは、車中泊用電源として車に搭載している。 主に携帯の充電と車載カメラ用電源として、のべ40日ほど使用した。 運転時は常に充電状態になるので殆ど満充電状態である。 リチウムイオン充電池は、満充電状態での保管は良くないと言われている。 駐車場での車内は夏場は40度を超え冬場は氷点下になる事もある。 満充電状態や劣悪な保管温度と好ましくない状態な…

続きを読む

モバイルバッテリーキットの改造

昨年末に購入したモバイルバッテリーキットの無負荷電流が6mAもある。6mAだとバッテリー(11000mAh)が2ヵ月半で空になる為、バッテリーとインバータ間にスイッチを入れる事にした。 スイッチは1.2mmの銅線でハンダ付けし固定した。 スイッチによるロスは1A流して5mVの電圧低下なので、約0.2%のロスとごく僅かである。 フタを閉めて作業完了。 実は、バッテリーキット購入…

続きを読む

再度モバイルバッテリーキット

まとめ購入する際、ついでにモバイルバッテリーキット(K-6C2U4D1L-NS:税別550円)も購入した。早速、再利用のリチウムイオン充電池を6本を電池ホルダを使わずタブを半田付けした。 事前に無負荷時の消費電流(0.023mA)とLEDライトの消費電流(12mA)を測った。 機能的には前回の物(K-5C3U4D1L-BL)とほぼ同じであった。 前に購入した物バッテリー5本だったが…

続きを読む

モバイルバッテリーキットの評価

楽しい電子工作を提案する「aitendo」を検索していたら、モバイルバッテリーキット(K-5C3U4D1L-BL:500円)があったので購入した。 もちろんリチウムイオン充電池は付いておらず、手持ちの再利用リチウムイオン充電池(18650相当)5本をハンダ付けして完成。推定11,000mAhで40.7Wh相当のモバイルバッテリーとなった。 基板を取り付けるネジ2本が見当たらず、ジャン…

続きを読む

リチウムイオン充電池の再利用

サイクリングを兼ねてハードオフに立寄りジャンクを物色していたら外見が綺麗なバッテリー発見。324円でゲット。 カバーを慎重に剥がし、電圧を測ると何れも3.86V前後でほぼ満充電状態だった。ショートしない様に慎重にばらした。 定格が14.8V/4000mAhなので、2000mAh相当と思われるUS18650GRが8本入っていた。 まずは自作充電器でフル充電。空っぽなら3本で10時間ほ…

続きを読む

リチウムポリマー充電池の活用

先日の評価で良好だったリチウムポリマー充電池を2枚直列にしてテスターの電源として利用する事にした。 マイナス極は半田付け出来たが、プラス極はアルミの様で半田付け出来ず絡ませてリード線を付けた。 リチウムポリマー充電池はテスタ本体内には入らないのでこの様に貼り付けた。偶然にもリード線を通せる穴が開いていた。 電極はこの様にジャンパー線で抜き差し可能とし充電にも対応した。 工作完…

続きを読む

リチウムイオン充電池の再利用

先日ジャンク屋で購入したノートパソコンのバッテリーをバラして評価する事にした。 これはThinkPad用で、9本か12本入っているかと思い開けて見たら6本しか入っていなかった。 慎重にバラして電圧の高い順に番号を付けた。ケースには 10.8V 4.0AHと記載してあるので1本2000mAhの様だ。 6番はほぼオープン状態で使い物にならない事が判った。6パックで39本試して初めての経験だ…

続きを読む

自作モバイルバッテリーの改良

自作モバイルバッテリーで携帯やビデオカメラの充電は正常動作する事が判った。しかし、バッテリーの残量表示が無いのが不満である。バッテリー電圧と残量の関係はこのグラフから判る。この電位差を利用してLEDを点灯させたい。 3.7V(残量50%)で点灯し始め、3.5V(残量10%)で充分明るく点灯する回路を追加した。LEDは種類によって点灯電圧が異なるので、色々なLEDを試して回路を作成した。 …

続きを読む