HDMI分配器の購入

先日購入したHDMI切替器の接触不良はその後発生していない。
しかし、格安のHDMI分配器(送料共899円)が有る事を知り購入した。
IMG_5073.jpg
最初からこの分配器であれば切替え操作の必要も無くベストな選択だったのに残念。

とりあえず、HDMI分配器を評価する事にした。
(1)HDMI直接とPC(キャプチャー)の入力切替不要となった。
(2)HDMI切替器で起きた数秒の遅れはなくなった。
(3)切替器で接触不良と思われる音の途切れはこの分配器では発生していない。
(4)分配器への供給電源は必須で最大 140mA 程流れる。

HDMIコネクタの仕様では「+5V 電源は 55mA 以上提供する必要ある」となっている。
とある資料によると、HDMI出力機器の実際の供給能力は100~150mAあるとの事。
一方、今回の分配器の供給電圧を下げると下限は 3.7V だった。(3.5Vでは不安定)
ブルーレイレコーダー(DMR-BWT550) の供給能力を調べたら行けそうだったので、
早速、ケースをこじ開けてケーブル電源(+5V)から外部給電にジャンパー接続した。
IMG_5084.jpg
供給電圧は負荷大のため 4.3V に低下しだが下限(3.7V)よりだいぶ上なのでOKだ。
ケースは6か所の爪のうち2か所がダメになったが、残り4か所でパチンと閉まった。
IMG_5086.jpg
HDMI切替器からHDMI分配器に替えて、
IMG_5091.jpg
多目的コントローラーのプログラムに修正を加えて操作性を良くした。
200712_1.jpg
録画した物は従来通りテレビで見て、ニュースはパソコン経由で見るようになった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント