小牧基地遠征

小牧基地でF-35Aの試験飛行がある様なので車中泊を兼ねて出かけた。 13時、公園(エアフロントオアシス)に到着。 ここは名古屋空港と併設なので旅客機(JA02FJ)が飛んでいる。 小型機(JA889M)も飛んでいる。 T-4#56-5734が着陸。 C-1#98-1029が着陸。 KC-767J#87-3601が着陸。 15時撤収、17時半、道の駅:瀬戸し…

続きを読む

車中泊での寝床を改修

先日の車中泊は暑くて寝返りが多くなり寝床が崩れてしまった。 崩れた原因はクッション材が床の凹凸にめり込んだ事による。 そこで、クッション材がめり込まない様に凹凸の上に板を敷く事にした。 ベニヤ板は古くて毛羽立っていたのでクリアラッカーを塗った。 さらに、寝返りで板がズレない様にマジックテープを貼った。 とりあえずこれで寝返り対策は万全だろう。 しかし、いつの間にかこのゴム…

続きを読む

松島基地遠征

ブルーインパルス基地の上空訓練を見に2泊三日の車中泊を計画した。 一日目は移動日で道の駅:上品の郷で車中泊。残念なが併設の温泉は休業中だった。 二日目、小雨だったが松島基地に向かった。F-2が離陸に向けて移動中。 東風だったので離陸が見られる海側に移動した。 9:30頃には晴れてきて、F-2の離陸が見れた。 さて目的のブルーインパルスだが、お尻を向けて待機中。 暇つぶ…

続きを読む

新規ETCカードの確認

2月からETCカードが替わったのだが使用する機会が無かった。 そこで、今年3月に開通した伊勢原大山ICから厚木南IC間でカードを使用した。 料金350円で新規ETCカードの確認完了。 翌日、ETC利用照会サービスにて使用履歴が見れるか確認すると、 パスワード設定要件変更でログオンに引っ掛かった。 次に、カード追加登録では再入力を要求されが、カード番号のみ入力したらOKとなっ…

続きを読む

ドラレコ仕様外のSDカードを使う

車中泊の時、ドライブレコーダーを車載カメラとして使用しているが、 SDカード(32GB)を毎日交換しなければならず交換忘れや管理が面倒だった。 ドライブレコーダー(YI Dash Camera)が128GBまで使えそうな記事を見て、 4日分撮れる容量128GBのSDカード(1,750円)を購入した。 早速、YIダッシュ カメラでフォーマットし、 パソコンで確認したら行けそう…

続きを読む

300均USB扇風機の改造

先日の車中泊でUSB扇風機を夜に使用した所、青色LEDが明るすぎる事が判った。 真っ暗な所で使うとこんな感じで幽霊が出そうな感じ。 そこで、LEDにスモークシートを張り付けた。 (怪しげな配線は18/06/09の記事で改造した部分) まだ目視では充分認識できる明るさだ。 LEDの光がケース内に漏れているので、この様にパイプで光漏れを防いだ。 光漏れは無くなり、期待…

続きを読む

三沢基地・車中泊の旅

三沢基地航空祭2019(9月8日)に向けて3泊4日の車中泊の旅に出かけた。 途中、紫波サービスエリアで車中泊。 仮設の小型車駐車場は工事現場の奥で比較的静かだった。 7日(土曜)の午前中は八戸観光で、蕪島神社に寄った。 神社は再建中で入れず、ウミネコはお出かけ中だった。 葦毛崎展望台。 展望台からの眺め。 鮫角灯台に立ち寄る。 灯台の内部に入る。 こ…

続きを読む

Regoss (レジス) 懐中電灯の改造

以前、車中泊用に購入した懐中電灯はごっつ過ぎるので小さ目の懐中電灯を購入した。 上が以前購入した物(173g)で、下が今回購入した物(97g)で一回り小さい。 しかし、照射範囲が面積にして1/4程度と狭い。 そこで、レンズを外して見ると以前購入した物とほぼ同じになった。 以前購入した物はこんな感じで扱い易かった。 LED保護の為、レンズの代わりにプラスチック板を丸く切っ…

続きを読む

車用自作気象計と車中泊

車中泊の旅では当地の気温、日の出日の入、月齢を自作気象計で知る事ができる。 7月9日秋田県の平均気温は最低が19.2で最高は25.9度、 日の出は4:19、日の入は19:10、月の位置は13時の方向で月齢は6.9と表示。 実際の車内温度(夜)は28℃から18℃に変化している。 当日19:08の夕日はこれでかなり正確。 当日19:08の月はこれでほぼ合っている。 換気と…

続きを読む

男鹿半島・車中泊の旅

行く途中は雨だったが予報通り、道の駅:にしめ(秋田県)は晴れていた。 道の駅から数百メートルの日本海を見に散策した。 夕日を眺めた。 「道の駅:にしめ」の温泉に入り、併設されているスーパーの寿司とビールで晩酌。 翌朝は快晴で5時半出発。 途中、「道の駅:てんのう」に寄り、公園を散策。 男鹿半島に入り、ゴジラ岩に寄る。 今回の目的地、入道崎に寄る。 …

続きを読む

岩国基地遠征

昨年12月にANA便で岩国基地の撮影スポットを下見に来たが寒さと立ちっ放しで疲れた。 今回は気候も良く、車で来たので準備万端! 8時半到着、既に車が20台程停まっていた。 U-36A#04が離陸。 Dバック#112、107が離陸。 アウトロー#502、505が離陸。 メース#210、200、203、204、が離陸。 チッピー#402,407,411が離陸。 …

続きを読む

岩国と瀬戸内・車中泊の旅

晴れ間が続く様なので3泊4日で岩国基地へ車中泊の旅に出かけた。 神奈川県を8時半出発、途中、広島県の福山SAで車中泊。 福山SA内にはバラ園があった。 2日目、朝6時出発、8時半岩国基地に到着。 昨年下見した所には、既に車が20台程停まっていた。 ここでの詳細は後日報告として、岩国基地を15時撤収。 今日の宿泊地、周防大島の「道の駅:サザンセトとうわ」に寄る。 その前に…

続きを読む

懐中電灯の明るさ調整

車中泊では夜間このヘッドライトを使用していた。 飲食時はインナーミラーにぶら下げて使用し、寝る時は手の届く所にぶら下げて置いた。 しかし、先日購入した懐中電灯は、車中泊用には明るすぎて使い辛い。 そこで、懐中電灯をヘッドライト並みの明るさに調整する方法を試みた。 (1)LEDとレンズの間に白い紙を入れる方法 まず、ズーム操作で紙が移動しない様に、ワッシャー?とレンズの間に紙…

続きを読む

車のトレーに気象計を移植

右側のオープントレーはシフトレバーが邪魔でデットスペースになっていた。 そこに、前の車の灰皿に設置していた自作の気象計を移植する事にした。 そして、オープントレーに合わせて作成したケースがこれ、 材料はアイスキャンデーの棒で、操作スイッチはこの様に細工した。 ケースに自作の気象計を収納するとこんな感じ。 画面左の赤ボタンを押すと1分間表示する。 最初は、月/日、曜日、時間…

続きを読む

車中泊マットの自作

車中泊用の寝床は右が頭で左下の方を足にして斜めで寝る様にしている。 しかし、背中から腰に向かってこの様な凸凹がある。 凹凸はビーズの入ったクッションで平らにして寝ていた。 問題は枕がずり落ちるのと、クッションが移動してしまう事である。 そこで、枕付きの「お昼寝マット」を参考に現状の寝床を改善する事にした。 枕とビーズ入りクッションを連結し、床がフェルト状なのでマジックテ…

続きを読む

運転席アームレストの撤去

車中泊で後部の寝床に移動する場合に4cm幅のアームレストがあり窮屈だ。 太ももでアームレストが横向きになると運転席に戻れにくくなる事しばしば。 アームレストを外すと、こんな感じで何か目隠しが必要だ。 板にバルサ材を貼り成形した物を、元有ったボルトとワッシャーで取り付けた。 カバーは、古い靴下を丸く切り銅線を縫い込んで、 この様に被せて銅線を締め付けると完成。 …

続きを読む

岐阜基地と温泉・車中泊の旅

寒くならない内に温泉のある道の駅で車中泊し岐阜基地に寄ろうと出掛けた。 西に行くときは浜松SAあたりで休憩し昼食。 午後4時過ぎ道の駅:池田温泉に到着。 温泉に入り食事したら山間なので日が沈んでいた。 夜中に三重県に住んでいる弟から電話あり私が車中泊中との事が知れた。 翌朝、岐阜基地付近で撮影ポイントを探していたら弟が近くに来ているとの事。 昨夜来るとは言ってなかったが、…

続きを読む

仙台松島・車中泊の旅

6月上旬に計画していた車中泊の旅が、天候不良で順延してきたが雨が降らなきゃOKで出掛けた。 関東地方は晴れ、圏央道から東北道に羽生PAで休憩。 途中で休憩し過ぎで仙台城跡に立ち寄らず道の駅:上品の郷に直行。 温泉に入り近くのコンビニで晩酌セットと弁当を買いディナー。(レストランは有ったが19:30オーダーストップ) 翌朝5時起床。雲は高めで一安心。 予定より1時間早く5:30牡…

続きを読む

中国地方・車中泊の旅

晴れそうなので中国地方へ3泊4日の車中泊の旅に出掛けた。 東名、名神、山陽道を走って岡山県の吉備SAで車中泊。 ここは桃太郎ゆかりの地で、吉備は地方の古名で「きびだんご」の「きび」とは関係ないらしい。 広島大橋を渡って呉に向かう。 最初の目的地は海上自衛隊呉資料館で、「てつのくじら館」を見学。 潜水艦の夜間照明はこんな感じ。 そして「大和ミュージアム」を見学。 …

続きを読む

寝袋のコンパクト収納

寝袋のゴムバンドが劣化し、丸めてもばらけてバックに入れにくい。 そこで、自作のフックに結び目を付けた紐、それと輪にした紐2つを用意し、 まず、寝袋を丸めて、結び目の付いた紐をフックに引っ掛ける。 次に、2つの輪を両端にはめ込む。 もう一つの寝袋も同様の紐を使って締め付けると、この様にバッグにストンと収まった。 隙間に枕と小物を入れても難なくジッパーを閉められ片付け完…

続きを読む

車中泊向けシートアレンジ

車が換わって、この様なシートアレンジでの車中泊を計画した。 これで30分ほど昼寝したところ寝返りが出来ない事が判った。 そこで、寝返りの出来る様な平らな寝床を検討した。 後部座席をを畳み込むと、この様に斜めに寝られる。 しかし、この様な凸凹があり背中や腰に異物感がある。 そこで、ビーズを入れた座布団で凸凹を無くして、 2つある寝袋の一つを敷布団にして寝てみると実に…

続きを読む

車用USB電源の問題

車用USB電源のプラグが出っ張って邪魔だった。 そこで、ACCソケット電源もヒューズボックスから取る事にした。 マイナス線はこの様に銅板をクリップで車体の鋼板に挟んだ。 この様なプラスチック片でソケットの差し込みが緩まない様にした。 電源オンオフはソケットを抜き差しせずスイッチを付けた。 USB電源はエアコンの吹き出し口から放してマジックテープで固定した。 吹き出…

続きを読む

センターダストボックスの活用

車を買い換えたが、ボトルホルダーが右側なので使い勝手が悪い。 そこで、センターダストボックス内にボトルホルダーを設けた。 材料は3mm程の合板を加工し仕上げはサーフェイサーを吹いた。 プラスチック板でホルダーがずれない様にしている。 前の車はインパネテーブルがあり駐車時に使用できた。 やっぱりお茶はテーブルの方が落ち着くので、こんな物を作成した。 テーブルの設置は…

続きを読む

車の買い換え

9年目の車検を前にトヨタのタンクに買い換えた。 決め手は、この様なシートアレンジで車中泊が可能な事だった。 頭と腰の部分は形が自由になるビーズの袋で調整してベットメーク完了。 この上で寝袋に入れば多少冷え込んでも寝られるハズ。 (以前は床が鉄板のため、銀マットと敷布団を敷いていた) これまで、車中泊用電源装置としてモバイルバッテリーを使用していたが、 今度の車は電源装…

続きを読む

魅惑の灯台ワールド

先日NHKの番組で灯台の魅力(景色がいい、達成感、静か)を紹介していた。 過去に立ち寄った事がある都井岬灯台がシニアでにぎわっているらしい。 これまで私が立ち寄った灯台を調べたら20か所もあった。 (1)北海道の襟裳岬灯台(えりもみさき) (2)北海道の積丹半島にある神威岬灯台(かむいみさき) (3)北海道の積丹半島にある積丹出岬灯台(しゃこたんでみさき) (4)高知…

続きを読む

車中泊可能な車の選定

9年目の車検が半年を切り車の買い替えを検討した。 現用車の荷物室は180cmまっ平になるので快適に眠れた。 そのような車を探したが5ナンバーでは見当たらなかった。 この車なら、モデルさんより低い私(162cm)なら充分だ。 シートアレンジすれば130x154cmの平面になり斜めで寝れる。 カタログをよく見ると「前後左右へ、自由に移動」との記述がある。 現用車では靴の置き場…

続きを読む

三沢基地航空祭2017(その2)

昨年予定していた岩木山は雨で中止、八甲田丸はイベントで入れずだった。 そこで、今年は昨年の計画表を使い回して車中泊の旅に出かけた。 途中「紫波SA」で車中泊。 翌朝、晴れと言う事で岩木山に向かう。 ゲートから69あるつづら折りのカーブを走って8合目に到着。 頂上が晴れていたので、リフトで9合目まで上がった。 ここから頂上までは徒歩で30分だが、9合目に10分ほど滞在し…

続きを読む

三沢基地航空祭2017

昨年に続き今年も三沢に出かけた。 入門前に並んでいると突然の雷雨。傘も無くずぶ濡れで官舎の駐輪場で雨宿り。 雨宿り中にB-1が来ているとの情報があり。 やっと入れたのは9時ころで青空も見えてきて、ほっと安心。 9時半まで降っていたので格納庫で待機して、やっとB-1と初対面。 F-2の展示飛行。 ドラッグシュートを見るのは初めてかも。 F-15の展示飛行。 …

続きを読む

紀伊半島・車中泊の旅

晴れの日を狙って2泊3日の紀伊半島一周・車中泊の旅に出掛けた。 昨年延長された新東名の岡崎SAに立寄る。カーナビは未対応なのでSAで地図を頂いた。 「道の駅:なち」で車中泊。温泉に入り晩酌。 翌朝、海岸を散策。 潮岬の灯台に立寄る。 国道42号をのんびりドライブ。(車載カメラ) 日の岬に立寄る。 実は、40年前に立寄った事が有った。 (60年前、デンマーク…

続きを読む

車中泊用モバイルバッテリーの再評価

4年前に購入したモバイルバッテリーは、車中泊用電源として車に搭載している。 主に携帯の充電と車載カメラ用電源として、のべ40日ほど使用した。 運転時は常に充電状態になるので殆ど満充電状態である。 リチウムイオン充電池は、満充電状態での保管は良くないと言われている。 駐車場での車内は夏場は40度を超え冬場は氷点下になる事もある。 満充電状態や劣悪な保管温度と好ましくない状態な…

続きを読む