格安HDMIキャプチャーその2

先日購入したHDMIキャプチャーを「パソコンでテレビ」として使う事にした。
説明書で紹介されていたフリーのOBSなるソフトをダウンロードした。
IMG_5052.jpg
通常の画面ではこんな感じで表示される。
200705_1.jpg
表示ドックのチェックを外すと任意の大きさに変えられた。
200705_2.jpg
F11キーを押すと全画面になる。
200705_3.jpg
CPU使用率は11~15%、GPUは15~20%で負荷は軽い。
画像の違いはこんな感じで、キャプチャー(上)は直接(下)よりややボケている。
200705_4.jpg
また、動きが速い場合は画像が重なった感じになる。
それにしても、1,280円のHDMIキャプチャーがこんなに良く映るとは驚きだった。
キャプチャーの消費電流は非動作中で160mA、動作中で200mAで温度上昇は10℃程度。
消費電流が思ったより少なめだったので、USB延長ケーブルは細目で自作した。
IMG_5013.jpg
これで、太くて硬いHDMIケーブルを引き回さなくても良くなった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント