ドローンにドラレコ搭載

昨年購入したドローン(HS160)はその後ほとんど飛ばしていない。
問題はWi-Fiカメラの操作性の悪さと写りの悪さであった。
そこで、もう使われなくなったドライブレコーダーを乗せられるかWi-Fiカメラ部分を外して、
IMG_4952.jpg
ドライブレコーダーの液晶表示を取れば空きスペースに何とか入れられる事がわかった。
IMG_4954.jpg
重量は差し引き10g増加だが問題なく飛ばせるだろう。
仮配線で試した所、ドローンのバッテリを共用にすると色々と問題が有る事がわかった。
(1)ドローンのモーターノイズで録画画像にノイズが入る。
(2)ドローンのバッテリー低下で早めに録画が停止する。
(3)ドローンのバッテリーを外すとドライブレコーダーの設定(時計他)が消える。
なので、ドライブレコーダーには別バッテリー(5g)を追加して飛ばせる状態になった。
IMG_4957.jpg
ドライブレコーダー用バッテリーの充電はこんな感じ。
IMG_4958.jpg
録画用のSDカードはここから出し入れする。
IMG_4959.jpg
穴の先のSWを爪楊枝で押すと青色LEDが点滅し録画が開始され再度押すと停止する。
IMG_4962.jpg
カメラは縦方向に基板が出ていた為、筐体を削って何とか入れられた。
IMG_4964.jpg
改造前83.3gが改造後99.8gとなり16.5g(20%)オーバーとなった。
室内での浮上試験では問題なく上昇できたがバッテリーの持ちは悪くなった様だ。
屋外では連続で5分間浮上していられた。
200625_1.jpg
高く飛ばしたかったが風が強く狭い公園内では4~5mが限度だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント