プレステ2用リモコンの怪

急速充電器で充電できなくなった単4エネループ2本を低速充電器で充電し、
消費電流の少ないリモコン用に使用してきた。
画像

この電池を「プレステ2用DVDリモコン」で使用した所、動作しなかった。
画像

原因は電池の内部抵抗増大により負荷による電圧低下と推測。
初代エネループ(HR-4UTG、製造:2008-12)がついに寿命が尽きた様だ。
しかし、電圧は充分(1.3V)あるので、47μFのバイパスコンデンサーを増やせば動作するハズ。
画像

どの程度の容量増加で動作するかを試したら、1000μF以上なら動作する事が判った。
しかし、1000μFは形が大きく取り付けられない。
画像

所が、バイパスコンデンサーが無くとも動作する事が判明した。
問題の電池を別のリモコン(下)に入れると動作しなくなるので違いはコンデンサーの容量?
画像

気になるので負荷に対する電池の電圧変化をオシロスコープで調べた。

これはバイパスコンデンサー無しで新しい電池の波形。(10ms,0.2V)
画像

電圧低下は0.15V程度で38kHzの赤外線パルスを0.6~1.2ms間隔で20個発射しているのが判る。

これはバイパスコンデンサー無しで古い電池の波形。(10ms,0.2V)
画像

電池の内部抵抗増大により0.9Vも電圧低下が見られるが赤外線パルスは正常に発射されている。

これはバイパスコンデンサーが47μFで新しい電池の波形。(10ms,0.2V)
画像

バイパスコンデンサーの効果で電圧低下は0.1Vになっている。

これはバイパスコンデンサーが47μFで古い電池の波形。(10ms,0.2V)
画像

赤外線パルスを一発発射し20ms置いてまた発射している様だが完全に誤動作している。

古い電池は内部抵抗増大により0.9Vも電圧低下しているにも関わらず動作しているのには驚いた。
結果オーライと言う事で、コンデンサー無しで古い電池を使い続けて見る事にした。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック